相手の行動に不安はありませんか?浮気・離婚に関する悩みを解決します。

証拠を集める

浮気で離婚を考えたとき
証拠を集める事が大事です。

相手の浮気の証拠があれば離婚の際に慰謝料を取ることが出来ます。
しっかりと証拠をつかんでおきましょう。

浮気をしていると気付いて離婚を視野に入れた場合は
ばれないように動いて証拠をつかみましょう。

証拠として

浮気の証明になるものといえば
相手に送ったメールや浮気相手と写っている写真・写メ
など相手と関係があったことを裏付ける物的証拠です。

メールをパソコンに転送しておくなど
消される前に残しておきましょう。

浮気調査での証拠収集の方法

浮気調査では、まずは自分で証拠収集をしてみましょう。探偵費用は高額なので、最初から探偵に依頼をして、なにもなかったら大きな損失になります。女のカンは当たると言いますが、勘違いということもあるので、なるべく具体的な証拠を得ておくことが好ましいです。

夫の携帯をチェックしたり、スーツのポケットをチェックしたり、クレジットカードの利益をチェックすることで証拠が出てくることがあります。疑いが確信に変わったところで、探偵に相談をしてみましょう。浮気の曜日や時間帯がわかっていると、すぐに証拠がつかめることもあります。浮気調査では、証拠収集をやりすぎないことも重要です。夫に勘付かれて、慎重に行動されてしまったらプロでも証拠をつかみにくくなってしまいます。

離婚協議書をつくる前に大阪や神戸の興信所や探偵に依頼しよう

離婚協議書をつくる前に大阪や神戸の興信所に依頼して、配偶者の浮気の証拠をつかんでしまいましょう。興信所や探偵は浮気調査を専門に行っていますから、独自の技術を使って浮気の証拠をつかんでくれるのです。

この証拠があれば、財産分与の際に有利になります。したがって、離婚協議書をつくってしまう前に興信所や探偵に依頼することがポイントになります。

もちろん興信所や探偵はプライバシーに配慮しながら調査を行ってくれるから安心です。外部に情報がもれるということは一切ありません。離婚協議をする前には、信頼できる興信所や探偵に早めに相談することをおすすめしています。

神戸在住の妻が大阪の興信所に離婚後の夫の素行調査を依頼

神戸在住の妻が大阪の興信所に離婚後の夫の素行調査を依頼すると、夫の仕事場所の話や交友関係のことを調査してくれることでしょう。

興信所の探偵は夫の働いている会社へ行き、何らかの業者を装って会社の情報を入手します。離婚後の男性は、その悲しみを忘れるため、仕事を以前よりも頑張ってこなすことが多いようです。興信所はそういった夫の行動などの監視調査結果をまとめ、依頼主である妻に報告します。

興信所の探偵が交友関係の情報を掴む時は、夫を尾行した時に入った飲食店や酒屋へ自身も潜り込みます。男性の友人がいた場合はその席の近くに腰かけて、何かを注文して飲みながら話を聞きます。何度か話を聞いて問題がない時は、その旨を依頼主に報告します。

浮気調査の依頼についての関連記事